Sat, Jun 12 | 神戸市

展示「コロナ、あるいは、都市空間に 小さな微生物の生態系をインストールする」

Sobani Omusubi、ギャラリー始めます。 第一回目は京都藝術大学の銅金裕司教授。 今だからこそ考えたい生きとし生けるものの在り方。 ささやかで控えめで穏やかな一案。 いまや人間はコロナにどこまでも敵対的不寛容である。しかし人のそのような発想に反してコロナが本来循環する世界をぼくらが夢想してみること。そして人工都市の不安定でいびつな人が作った不自然な生態系に、コロナも巡るかも知れない微生物が織りなす小さな生態系をインストールしてみたい。
Registration is Closed
展示「コロナ、あるいは、都市空間に 小さな微生物の生態系をインストールする」

日時・場所

Jun 12, 9:00 AM – Jul 02, 5:00 PM
神戸市, 日本、〒653-0042 兵庫県神戸市長田区二葉町2丁目5−10

イベントについて

「コロナ、あるいは、都市空間に

小さな微生物の生態系をインストールする」

会期 2021年6月12日(土)〜 7月2日(金)

   日曜休館

場所 Sobani  Omusubi〜助太刀コワーキング〜

神戸市長田区二葉町2-5-10 本町筋商店街内

料金 無料(鑑賞後のご滞在については有料となります)

【銅金裕司】

京都藝術大学教授、生態系バイオアーティスト、東京藝術大学で20年以上にわたりアートと自然に関わる構想を講義する。

このイベントをシェア